コンセプト

 

 

家をつくろう。そう思った時、自分たちがつくりたい家を具体的にはっきりと形にできる人は、そんなに多くないと思う。

リビングは広い方がいいとか、収納スペースは多いと便利だよねとか。

あんなこと、こんなこと。家族みんなの思いや希望がたくさんあふれて、なかなか形にできない。

でも、大丈夫です。みんな、そうです。

だから、私たちはお勧めしています。ご家族でオープンハウスに参加したり、モデルルームをいろいろまわったりすること。

その中で少しずつだけど、きっと自分たちの家が見えてきます。
「そうそう、自分たちの家ってこんな家だね」って気づいて、「家って、楽しみながらつくるものなんだ」って気づいたら、

ぜひ、私たちに会いにきてください。

私たちと家づくりを楽しみましょう。
自分たちらしさに気づいた時から、
家づくりははじまる 私たちは思っています。

 

 

 

 

「ながたのいえ。」は福岡の太宰府という土地で、創業以来70年間、お客様と顔が見える距離で注文住宅をつくり続けてきたナガタ建設のオリジナルブランド。
「お客様と家づくりを楽しみたい」という想いから生まれた木造注文住宅です。 家は家族が暮らすところです。
どんな風に暮らしたいか。大切にしていることはなにか。庭にはどんな木を植えるか。大きな窓が欲しいとか、縁側や土間があるといいねとか。そんなことを話している時、ご家族には、新しい家ではじまる新しい家族の暮らしが見えていると思います。
お客様が思い描く暮らしを家でかなえる。それが私たちの仕事です。なんでも話してください。家づくりを一緒に楽しみましょう。

  

あなたのために結成したチームが、あなたのイメージを時間をかけてヒアリング。ご家族が思い描く暮らしを形にしていきます。
チームを結成するのは営業、設計士、現場監督、インテリアコーディネーターの4名です。

土地探しや資金計画、間取りを考えたり、キッチンやバス、照明や床材、ドアの仕様などを選定したり。家が完成するまでにはさまざまな工程があります。

なかでも私たちが一番大事だと思っているのは、お客様に自分たちの家のテーマを考えてもらうこと。テーマを考えるということは、これから先の自分たちの暮らし方を想像することだと思うからです。楽しみながらテーマを考える。
もしかしたら、家をつくる上で一番大事なことは、ご家族で話し合うその時間かもしれません。

   

夏は涼しく、冬は暖かく。日々快適に心地よく暮らしたい。
でも、土地の立地条件によっては日当たりや開放感など、自分たちが求めている心地よさを実現ないんじゃないかと心配される方もいます。安心してください。私たちが設計の力で、一年中いつでも快適に暮らせる家をつくります。明るくて、広い。夏は涼しくて、冬は暖かいは特別なことではなく、ながたのいえ。では当たり前のこと。ご家族みんなの「なんだか毎日、気持ちいいね」を私たちがパッシブデザインという考え方でかなえます。


※パッシブデザインとは、エアコンなどをできるだけ使わずに、太陽の光や熱、風などの自然エネルギーを利用して、心地よく暮らせる住まいをつくるという設計の考え方。自然のエネルギーを使うので、その分、光熱費の負担も小さくなる。


 

 

 

 


一緒に「いい家」を建てましょう!私たちが考えるいい家ではなく、あなた自身が、ご家族が、居心地がよくて、快適で、おしゃれで、好きだと思える家を。そんな家づくりを、どんな時も隣で一緒になってお手伝いをするのが私たちの楽しみです。そのためには、まず私たちを、私たちの家づくりを好きになって欲しい。「こんな家にしたい」「こんなことを考えているんだけど」。具体的でも抽象的でもいい。なんでも話してください。
話しやすい環境を準備してお待ちしています。